カテゴリー別アーカイブ: 未分類

2020-2021 年末年始、拝島大師からのお願い

年末年始に関しまして拝島大師からのお知らせとお願いです。特に焦眉の課題は昨今の新型コロナ大流行をいかに沈静化するか、一人一人がコロナに罹らない、その環境を冷静に作り出すに尽きます。したがって、例年恒例の年末年始の行事も以下に列挙するごとく、大幅な見直しをして何としてもコロナ伝染の道を遮断しなければなりません。

① 令和2年12月31日大晦日除夜祭、お焚き上げ行事は住職、副住職、法嗣の三名のみで午後10時挙行。

② 同、除夜の鐘は午後10時半より住職、副住職のみで撞きます。
これは引き続き正月二日、三日の初縁日だるま市まで継続します。
なお、四日以降も当面自粛の方向で考えていますので大師の指示に従って下さい。

③ 令和3年正月元旦祭、午前0時を期しての初護摩供祈願は12月31日午後3時までに申し込まれた方に限ります。
例年行ってきた午前0時前後の本堂での受付は致しません。

④ 南大門駐車場は12月31日大晦日から元旦祭まで閉めています。

⑤ 南大門駐車場は護摩供祈願者専用駐車場として、正月元旦午前8時より午後4時まで入場駐車できます。駐車券作成手続きをよくお読み下さい。これは正月二、三日の初縁日も同様です。

⑥ 令和3年初縁日「だるま市」は例年のように挙行しますが、コロナ伝染防止のため最大の注意を要します。その原則は第一、対面最小限に、互いの接触不可、大声長話不可など厳守。

⑦ 本堂内での護摩供祈願者の入場は入場制限がありますので、係の指示に従って下さい。

  • 初詣初縁日護摩供祈願のFAX申し込み要領、以下をお書き下さい。
  1. 祈願者の名前
  2. 祈願目的
    (厄除・家内安全・身体安全・当病平癒・交通安全・心願成就・商売繁昌・工事安全・職場安全・学業成就・合格祈願・その他)
  3. 志納金の額
  4. 住所
    電話番号  ( )
  5. 祈願参詣予定日
  • 初詣護摩供祈願のFAXでの申し込みは年末31日(日)午後3時までに願います。
    それ以降ではご期待に添えない恐れもあります
    FAX 042(541)2316 拝島大師
  • 参詣の際には電車・バスの御利用をお勧め致します。
  • 正月2日・3日は昭島駅・拝島駅から臨時直通バスがあります。
  • お車で来られる方は、駐車場利用の方法をよく御読み下さい。

特に駐車場開門は午前8時、閉門午後5時とします。

駐車場利用の方法 「だるま市について」 を見てください。

古典会だより-拝島大師参詣のしるべ

2月2日節分・星祭り厄除祈願

2月2日節分と大黒さんのお札
2月2日は節分。節分に豆をまくのは豆は白=金の性でこれを投げつけ痛めると春の性質が伸長するという五行の考え方です。拝島大師では本堂中に向かって「鬼は外、福は内」と豆をまく奇習があります。帰りに「大黒さん」のお札をもらえます。開運のお札です。へびのような一筆で描いた「大黒さん」は、蚕の敵である鼠を捕まえるへびを思わせるもので、人びとの大切な生業(なりわい)であった養蚕の成功を祈るお札でした。節分の翌日は立春。春の始まりの日です。

川勝守著『万葉集と東アジア世界 上』刊行

本書はわが国の最初の国書・国民文学と言われる『万葉集』を国語・国文学また比較文学などの面での膨大な研究の上に、あえて「屋上屋を重ねる」愚を犯して「万葉集と東アジア世界」を論じようとするものである。ただ、私の「万葉集と東アジア世界」論はこのテ-マから窺える、万葉集は万葉仮名を使って日本語の固有な表記を行っても、所詮は中国文化の傘の中でのできごとであり、また、中国古典文学の『文選』の焼き直しに過ぎないなどなど、万葉集への中国文化の影響を数えあげると言った著作では断じてない。万葉歌人たちがいかなる環境で歌を詠んだか、その環境を当時、天平時代とその直近の時代に即して東アジアの国際的環境との関連で広く捉えてみようとしたい。この場合、環境を東アジア環境とした場合、当該時期の中国、朝鮮諸国との外交関係だけではなく、中国王朝の政治文化、律令制度とのからみも考察視点の一になる。

汲古書院、令和2年4月15日刊、本体価格6000円

川勝賢亮著『武州拝島大師本覚院の歴史文化』刊行

本書はこれまで社寺の縁起としてしか取り上げられなかった拝島大師本覚院の由来事績を、歴史学・文学など文系諸学などの総合的観点で考察する、つまり拝島大師の歴史文化を分析しようとするものです。それにより拝島大師信仰の伝統の全貌が明らかになります。これは一面では、拝島大師の正史編纂の企図であって、今日の地方創建の時代的要請とも関連するものです。また、拝島大師の地域社会における歴史文化像を正確に描写するのは、多摩地区及び南関東西部山岳周縁地域社会の人びとの生活文化の伝統を知るよい素材を提供し、それを通じて拝島大師信仰の普遍性を理解できるものです。多くの人びとの本書の閲覧を懇請するものです。

主要目次

第一章 元三大師良源の生涯、第二章 元三大師信仰の歴史文化、第三章 平安・鎌倉・室町期古典文芸に描かれた元三・慈恵大師良源、第四章 拝島大師の創建の歴史 第五章 江戸近世の拝島大師 第六章 文政期、中興義順住職大師堂再建と元三大師御開帳 第七章 安政年間、拝島大師本覚院『大般若波羅蜜多経』六百巻納経者 第八章 拝島大師堂坂開通と「拝島大師」の成立 第九章 拝島大師本堂向拝浜縁造営と智海尼の生涯 第十章 明治・大正・昭和戦前期の拝島大師 第十一章昭和戦後期の拝島大師 第十二章 昭和期末期・平成時代の拝島大師

◆岩田書院、2020年(令和2年)1月1日刊、定価本体1,800円

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-25-6-103 電話03-3326-3757

2019-2020 年末年始、拝島大師からのお願い

年末年始に関しまして、拝島大師からのお知らせとお願いです。

初詣初縁日護摩供祈願のFAX申し込み要領、以下をお書き下さい。

  1. 祈願者の名前
  2. 祈願目的
    (厄除・家内安全・身体安全・当病平癒・交通安全・心願成就・商売繁昌・工事安全・職場安全・学業成就・合格祈願・その他)
  3. 志納金の額
  4. 住所
    電話番号  ( )
  5. 祈願参詣予定日

初詣護摩供祈願のFAXでの申し込みは年末30日(日)までに願います。
それ以降ではご期待に添えない恐れもあります
FAX 042(541)2316拝島大師

特に駐車場開門は午前8時、閉門午後5時とします。

2月3日節分・星祭り厄除祈願

2月3日節分と大黒さんのお札
2月3日は節分。節分に豆をまくのは豆は白=金の性でこれを投げつけ痛めると春の性質が伸長するという五行の考え方です。拝島大師では本堂中に向かって「鬼は外、福は内」と豆をまく奇習があります。帰りに「大黒さん」のお札をもらえます。開運のお札です。へびのような一筆で描いた「大黒さん」は、蚕の敵である鼠を捕まえるへびを思わせるもので、人びとの大切な生業(なりわい)であった養蚕の成功を祈るお札でした。
節分の翌日は立春。春の始まりの日です。

古典会だより-菊-

第十回天然理心流心武館奉納演武、拝島大師五重塔建立記念


◆特別奉納演武
双水執流組討腰之廻 戸田派武甲流薙刀術 北辰一刀流
柳生心眼流兵法

■日時
令和元年10月19日(土)午後1時より、
演武開始1時半

■場所
拝島大師本覚院 東京都昭島市拝島町1丁目6番15号
立川駅/拝島駅よりバス「拝島大師」バス停下車

入場無料

拝島大師音舞台五月連休の行事

5月3日から5日は新本堂落慶記念各種行事、本堂外陣を会場として「拝島大師ゆかりの作品展」が開かれ、5月5日午後2時から、第26回拝島大師音舞台「拝島アンデスの響き」東京大学民族音楽愛好会による南米フォルクロ―レは、前半は本堂正面浜縁・ステ―ジで、後半は本堂内の二部構成で演奏され、拝島大師本堂の音響効果の良さに仏国土のすばらしさが堪能できます。好評のうち、回を重ねて26回となりました。


拝島大師五重塔入仏供養会  令和元年五月二十六日(日)午後1時
午後2時から、拝島アンデスの響き

古典会だより-衆人愛敬(しゅうにんあいぎょう)寿福増長(じゅふくぞうちょう)-